PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

収監中?


jiji


ゲージに入っております。叱られたわけでも、病気療養中でもありません。ご心配なく。

JIJIは3階建て(?)のゲージを所有しております。購入したときは、まさに収監目的だった。推定生後2ヶ月でやってきたときは、キッチンのシンクに飛び乗ることなど出来なかったが、ある日、「お、俺は出来る」と気づいてしまった。それまでの外生活のせいか、猫専用の食事ではなく、人間の食材を捕獲しようと必死に狙うのだ。夕食準備は、私一人しか家にいない状態で行うので、JIJIとの格闘になるのだ。

夕食準備中、鶏肉を使おうと冷蔵庫から出したところで、来客。宅配の荷物を受け取り、押印し、部屋に戻る。キッチンの鶏肉入りのトレーの表面ラップに穴。から揚げ用にカットされていた鶏肉が一個だけない。ない!JIJIを探しにいくと、もう鶏肉の存在はなく、「何か御用?」って顔でペロペロと口の周りを舐めている。これが決定的となり、ゲージを買うことにした。今後、ずっと使うと思って痛い出費ではあったが3階建てにした。

夕食準備のときは、ゲージに入ってもらい、「だせよ~」という強烈なアピールを無視しつつ夕食を作っていた。準備が終わって、ゲージをあけたら、JIJIもご飯。ただし、猫専用のドライフードだ。それでも、一目散にやってきて食べる。この生活を続けているうちに、自分のご飯はカリカリ。キッチンで何か荒らしたらゲージに入れられるということを覚えた。私の「ダメ」という言葉が分かるようになり、我慢も出来るようになったので、ゲージは必要なくなった。今でも、キッチンの片隅で、恨めしそうに食事の支度を眺めてはいるが、実力行使で食材を奪おうとはせず、「ニャ~オニャ~オ」とアピールする方法に変更したらしい。

現在、ゲージの入り口は開けっ放しで、出入り自由になっている。JIJIが気が向いたら、勝手にゲージに入ってこの布団の上で寝ていたりする。夏場は、少し高いところだから風通しが良く、涼しいんだと思う。冬場はコタツにいることが多いので、今日は久々にゲージに入っていた。玄関へのドア横にゲージがあるので、出勤、登校で誰かが出かけるたびに、「あら、JIJI今日はどしたの?ゲージ気分?」と言われてこの顔で見送る。







| ね こ | 18:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ジジに会いたい…
ねこちゃん の漫画で小梅ちゃん て ねこちゃん 出てくるやつある…可愛いくて 可愛いくて 読んでたら余計 ジジに会いたくなった

| チャチャーリー | 2012/03/15 00:39 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nekonojiji.blog38.fc2.com/tb.php/50-745ba88b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。