PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長男が生まれるとき

自然分娩が可能かどうか心配されるほど大きく育っているのに、陣痛が全く来ないまま予定日を1週間過ぎた。病院の勧めで薬を使って陣痛をおこすことにして、前日から準備の為入院。とりあえず荷物を片付けて、明日の時間を確認して夫も両親も帰宅して1時間ほど経った頃、突然破水。陣痛が弱いまま、普通分娩ということになった。
陣痛が弱いので、私は周りの妊婦さんに比べたら落ち着いたものだったけれど羊水がにごってしまっていて、生まれるまでの段取りが少し周りと違うので不安だった。最後は弱い陣痛を医者の腕力でおなかを押して助けてもらって産んだ。


産まれるなり、逆さにされたまま、背中をたたかれ口から管を入れられて飲み込んでしまったものをとにかく吐きなさいと助産婦さんに声がけされているわが子。「泣かないんですか」と声を発するしかない私。助産婦さんが、「大丈夫、処置してるから泣けないだけでちゃんと泣けるから。」と、管をはずしたらダミ声で泣き出した。赤ちゃんはへその緒を首に巻いていた。なんだかうまく進まなかったのはその影響もあったらしい。感染症も心配され、入院中、検査項目が多くなるので、採血の後の絆創膏が、多くはられていることがあるけれど検査結果さえ大丈夫なら心配はないといわれた。


分娩室を出たぐらいからら歯がガチガチ言うほどの震えが止まらず、我慢していたけどしゃべりにくくて会話がうまくい行かず困っていると夫が、変じゃない?と言い出し私に触るなり、ひどい熱だという。私が、感染症で熱を出してしまっていた。大きらいな子供のせいでこんなに大変だった。でも、この間、心配なのはこどものことだけ。不思議だ。

| わたしのこそだて | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://nekonojiji.blog38.fc2.com/tb.php/37-90213aa7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。