| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親の心、子は知らなくていい

親戚の子が、北海道大学に合格したと噂が聞こえてきた。「ほぉ~すごいねぇ。羨ましい。」
だが、一体何が羨ましいのか、といつも思う。

運動会で1位になった、成績がトップだ、選抜大会の選手に選ばれた、地区大会で優勝した。例を挙げれば限がないが、息子たちの同級生の中にも、沢山の優秀な子供達が存在して、そんな話を聞くたびに、そう呟いて、そう思う。「北海道大学に合格したの!すご~いおめでとう!!」、なんて言って喜んでみたい気がするのは確かなのだ。北海道大学という固有名詞を出したが、これはあくまで例えである。

かといって、喜びが足りないのかと言えばそうではない。教育委員会から通知が来て義務教育を受けるべく指定された公立小学校を何事もなく(優秀な成績でもなく)無事卒業しただけで、結構感動するし、試合の登録選手に選ばれなかったと悔しがる姿に、それはそれで成長した、と感動する。どこかの誰かと比べたら、勝るところは少ない、いや、無いかも知れないが、優秀などこかの誰かを連れてきて、息子たちと交換したいわけでもなく、彼らのままいてくれるだけで、有り余るほどの満足感がある。

なのに、羨ましい、と口からこぼれて来る。何が、羨ましいのか。

うらやむ気持ちをそそられるさま。人が恵まれていたり、物事が優れていたりするのを見て、自分もそのようになりたいと思うさま。(国語辞典より)

そうか、妬ましいとは違うんだ。優秀である姿を見て、自分もそうなりたいと思うのは良いことだ。と、自分に言い聞かせる。結局、息子たちには何の関係も無い話なのだ。自分の、浅はかな心の持ちようが、この言葉をこぼしているのだ。

子は知らなくていい。






スポンサーサイト

| ざ っ き | 20:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Baby-Gが帰ってきた。

電池交換の為、メーカーに送っていたBaby-Gが戻ってきました。代引手数料等を含めて4,725円也。生活防水程度でよければ2,000円程度で充分間に合うのに、きちんと防水利かせて欲しいというので、この金額になってしまった。ずいぶん古い時計なんだけど。


早速、今日から学校にしていった。あまりに古いから逆に珍しいかも?が、次男は今日から期末テスト。時計どころじゃないかもしれない・・・・・。



| ざ っ き | 09:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

満員の居間

現在、我が家の居間は少年たちで埋め尽くされている。


JIJIは逃げ回るのに忙しく(少年たちに虐められているわけではないが)哀れだったので、長男の部屋に非難させてあげる。我が家のテレビに普通の放送が映し出されることはなく、画面では恐竜のような生き物がやられまくっている。モンハンだ。この少年たちで狩りをしている。


この少年たちに混ぜてもらうつもりもないが、自分の部屋があるわけでもないので一緒にここに存在せざるを得ず、ここでちょっともてあましている。ゼルダファンの私にとって、モンハンはちょっと納得いかないところがある。でも、文句を言いつつ見ていると、結構おくが深くってなかなかのものだ。次男のような凝り性タイプにはピッタリで、終了時間が来ないのも分かるような気がする。


おっ ウィイレに変わったぞ・・・。サッカー部メンバーでウィイレ・・・・うるさっ。
試合でもそれくらい声出せよって気分の私である。あら、メンバーの中に一人ママタイプがいるぞ。おやつやら飲み物やらみんなに分けつつ食べてるぞ。私より気が利くねぇ。


って、少年たちの解説をしていても仕方がないので、日ごろためている書類でも片付けようか。日曜の、午後である。



| ざ っ き | 14:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

節分の次の日

昨日は節分だったから、豆まき用の豆と、恵方巻きをスタンバイはしていた。


みんなそろって夕食ということにもならなかったのでそれぞれに恵方巻きを食べた。学校から帰って、またすぐに出かけなければいけない次男は出発前の軽食として。病院に迎えに行って一緒に帰った私と長男は、夕食として。(主治医が休みだったので、リハビリ医に痛みに対するケアをしてもらい週末安静にしておくよう指示されて帰ってくる)その後帰った夫は、酒の肴っぽく。


恵方巻きは昨年スーパーで売っていたものを買ってみたところ、海鮮巻きというお刺身が巻いていあるものが我が家では人気で、今年から予約して買ってみた(予約割引だったから)。やっぱりおいしかった。ばらばらのままだったので、豆はまかずに今日になった。我が家では、大豆は食べる為に用意して、豆まき用には落花生を用意する。土地柄現る。


次男が、落花生が食べたくなったもので、おもむろに撒き始めた。長男に向かって(ぶつけていると表現したほうが・・・・)。家中、落花生である。散々撒き散らして、「やば・・・父さんに叱られる・・・」と、掃除機片手に落花生を拾い集めつつ散らかしたごみを一応撤収。落花生を食べ始める。





| ざ っ き | 18:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マグロがすきなんです。

JIJIはマグロが大好きだ。


仕事帰りに、閉店間際のスーパーで激安になっているお刺身を買い、袋をぶら下げて帰ってくる習慣のある夫。そこにはかなりの確立でマグロが入っていることをしっかり覚えた。そして、食べ終わる間際におすそわけがもらえることもちゃんと覚えた。


いつものように袋をぶら下げて帰ってきた夫。まもなく次男が帰宅。二人の遅い夕食の時間が一緒になって、次男も一緒にお刺身をつまむ。夫が箸を止めたので、次男は、「残りは食べちゃっていい?」と、全部食べようとした。「JIJIが待っているから分けてあげな」。「え~~~っ」と次男。


お刺身はほんのつまみ食い程度の量。我が家で一番若い次男は、これまでの家庭内でかなり優遇されてきた。たった今、そのポジションをJIJIに奪われた。当然、父が自分に多めに残してくれたんだと確信していたのに、JIJIの分だったなんて。そんなばかな・・・・・・・。と顔ににじませながら、JIJIにマグロをあげていた。


次男も、マグロがすきなんです。









| ざ っ き | 20:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。