≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親の心、子は知らなくていい

親戚の子が、北海道大学に合格したと噂が聞こえてきた。「ほぉ~すごいねぇ。羨ましい。」
だが、一体何が羨ましいのか、といつも思う。

運動会で1位になった、成績がトップだ、選抜大会の選手に選ばれた、地区大会で優勝した。例を挙げれば限がないが、息子たちの同級生の中にも、沢山の優秀な子供達が存在して、そんな話を聞くたびに、そう呟いて、そう思う。「北海道大学に合格したの!すご~いおめでとう!!」、なんて言って喜んでみたい気がするのは確かなのだ。北海道大学という固有名詞を出したが、これはあくまで例えである。

かといって、喜びが足りないのかと言えばそうではない。教育委員会から通知が来て義務教育を受けるべく指定された公立小学校を何事もなく(優秀な成績でもなく)無事卒業しただけで、結構感動するし、試合の登録選手に選ばれなかったと悔しがる姿に、それはそれで成長した、と感動する。どこかの誰かと比べたら、勝るところは少ない、いや、無いかも知れないが、優秀などこかの誰かを連れてきて、息子たちと交換したいわけでもなく、彼らのままいてくれるだけで、有り余るほどの満足感がある。

なのに、羨ましい、と口からこぼれて来る。何が、羨ましいのか。

うらやむ気持ちをそそられるさま。人が恵まれていたり、物事が優れていたりするのを見て、自分もそのようになりたいと思うさま。(国語辞典より)

そうか、妬ましいとは違うんだ。優秀である姿を見て、自分もそうなりたいと思うのは良いことだ。と、自分に言い聞かせる。結局、息子たちには何の関係も無い話なのだ。自分の、浅はかな心の持ちようが、この言葉をこぼしているのだ。

子は知らなくていい。






スポンサーサイト

| ざ っ き | 20:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

収監中?


jiji


ゲージに入っております。叱られたわけでも、病気療養中でもありません。ご心配なく。

JIJIは3階建て(?)のゲージを所有しております。購入したときは、まさに収監目的だった。推定生後2ヶ月でやってきたときは、キッチンのシンクに飛び乗ることなど出来なかったが、ある日、「お、俺は出来る」と気づいてしまった。それまでの外生活のせいか、猫専用の食事ではなく、人間の食材を捕獲しようと必死に狙うのだ。夕食準備は、私一人しか家にいない状態で行うので、JIJIとの格闘になるのだ。

夕食準備中、鶏肉を使おうと冷蔵庫から出したところで、来客。宅配の荷物を受け取り、押印し、部屋に戻る。キッチンの鶏肉入りのトレーの表面ラップに穴。から揚げ用にカットされていた鶏肉が一個だけない。ない!JIJIを探しにいくと、もう鶏肉の存在はなく、「何か御用?」って顔でペロペロと口の周りを舐めている。これが決定的となり、ゲージを買うことにした。今後、ずっと使うと思って痛い出費ではあったが3階建てにした。

夕食準備のときは、ゲージに入ってもらい、「だせよ~」という強烈なアピールを無視しつつ夕食を作っていた。準備が終わって、ゲージをあけたら、JIJIもご飯。ただし、猫専用のドライフードだ。それでも、一目散にやってきて食べる。この生活を続けているうちに、自分のご飯はカリカリ。キッチンで何か荒らしたらゲージに入れられるということを覚えた。私の「ダメ」という言葉が分かるようになり、我慢も出来るようになったので、ゲージは必要なくなった。今でも、キッチンの片隅で、恨めしそうに食事の支度を眺めてはいるが、実力行使で食材を奪おうとはせず、「ニャ~オニャ~オ」とアピールする方法に変更したらしい。

現在、ゲージの入り口は開けっ放しで、出入り自由になっている。JIJIが気が向いたら、勝手にゲージに入ってこの布団の上で寝ていたりする。夏場は、少し高いところだから風通しが良く、涼しいんだと思う。冬場はコタツにいることが多いので、今日は久々にゲージに入っていた。玄関へのドア横にゲージがあるので、出勤、登校で誰かが出かけるたびに、「あら、JIJI今日はどしたの?ゲージ気分?」と言われてこの顔で見送る。







| ね こ | 18:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『猫の事務所』 宮沢賢治

3.11以来、宮沢賢治が気になるようになり、手の届く範囲から読んだ。その第一作目。


登場猫の「かま猫」がいじめられて辛い思いをしているお話。お話の最後に、そのいじめをやめさせる圧倒的権力者のような獅子が現れて事務所はなくなってしまう。そして、半分同感、と結ばれている。


どうして半分なんだろう。半分ってどの部分なんだろう。差別やいじめは良くないと思うし、私は行動に表さないように努力しているつもりだ。でも、自分と大きく違う何かを持つ人に、差別的な感情を持ってしまう瞬間があることは否定できない。





| ほ ん | 10:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

せつないきもち

動物大好き、と言うほどではないが普通に動物は好きである。可愛いとも思う。が、責任も重いし、お金も掛かるし、積極的に動物を家族に招き入れることはしてこなかった。小さい頃から、お金を出してペットを購入するという経験はないものの、いろんなきっかけで我が家にやってきた動物と暮らしたことはある。そんな人のもとに突然現れたJIJI。ほんの数日でこんなにかけがえのない存在になってしまうとは驚きである。


息子達は、特段、感情表現が豊かだというタイプではない。その彼らが、何の前触れもなく、JIJIをギューっと抱きしめ(押さえつけ?)「JIJI大好き」と呟く。この光景は、JIJIに対する家族の気持ちの有り様をとてもよく表しているような気がする。


外で2ヶ月ほど暮らしていたであろうJIJIは、大きな病気のキャリアである可能性もゼロではない。病気にならないように祈るとともに、強烈な不安を感じる。JIJIがいつかはいなくなってしまうことに今から怯えてしまう。JIJIのご飯にはどんなものがいいか、健康管理にはどんなことがいいか、情報がありすぎて選べない。健康に悪いからと、JIJIを叱りながら全部我慢させるのもなんだか違う気がしてきた。


長生きの為には禁止って言われていても、JIJIが好きなら時々食べようか。おいしいモンね。時々だけね。魚と葉っぱだけだよ。後は猫専用のやつだからね。特別なご飯は用意できないかもしれないけど。ばあちゃんの家なら、車に長い時間乗るけど、一人で留守番するより、一緒に行こう。ばあちゃんもJIJIの大好きなレトルト買って待ってるよ。ホントかウソか分からないけど、長生きのツボマッサージしてあげる。心配ばっかりしてるより楽しく過ごそうか。










| ね こ | 11:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病院2回目

2009年9月12日

初めて病院に行ったときにもらった薬がなくなったので、様子を見てもらいに行きました。目は薬がなくなるくらいまできっちり続けたほうがよさそうだけど、良くなってきてるから大丈夫。耳はまだ耳垂れが止まっていないようなので、追加の薬を処方される。風邪の飲み薬を追加でもらって、注射1回された。ずいぶん元気になってきた。ひとまず安心だ。


この間、猫に関する知識のない私は、インターネットなる便利なものを使って猫に関する知識を高めた。
外で生活していた猫の場合、猫エイズ、白血病のキャリアである可能性があるということが一番の大きな心配事になった。どちらも人にはうつらないというから生活環境についての心配はないものの、家に来て数日で、かけがえのない存在になってしまったJIJIがそんな病気だったらといてもたってもいられず、早速獣医師に質問。が、この獣医さんのんびりした考え方の人のようで・・・。


ほかの猫を飼う予定があるかとたずねられたので、「ない」と、外に出すつもりはあるかとたずねられたので、「ない」と答えると、お金も結構かかる検査なので必要ないと思うと言いました。「その病気のキャリアだとわかったところで、完治できる病気でもないし、ほかの猫との接触を考えていないなら、これ以降の心配もない、それなら、そんなお金をかけずに、平和に楽しく生活したほうがいいよ」と言うのです。「体調に変化が出てから考えましょう」と。私はごもっともだと思ったので、検査は受けずに、キャリアかもしれない猫、と思っておくことにしました。


猫の予防接種があることも分かったので、確認すると、その環境で育てるなら最低限の3種混合ワクチンを薦められました。3種混合ワクチンは、外出から帰った人が体にウィルスをつけて帰ってきたことで感染する可能性のある病気を予防できるので、してあげたほうが良いと思うとのことでした。私はそれを選択することにしました。ただし、ちゃんと元気になってから、と言うので、その日はまだ。


そして、持参した便の検査。いました、寄生虫。「コクシジウム」と「回虫」。「コクシジウム」は駆除しにくいので気長に頑張らないといけないようです。でも、まだ薬は無理なんです。元気になってからなんです。
JIJI早く元気になれ~と思いつつ、病院終了。


| ねこしょうかい | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。